NHK その時 歴史が動いた 戦国編 DVD 全5枚


新品未開封ですが、ビニールに多少の擦れやキズなどがございます

(1)肉を切らせて骨を断つ?織田信長 捨て身の復讐戦? 「1570年(元亀元年)6月28日/織田信長、姉川の合戦で浅井長政に勝利する」 信長は妹のお市を北近江の大名・浅井長政に嫁がせ、同盟を結んでいた。しかし長政が突如信長を裏切ったため、信長は姉川で長政と義兄弟の戦いを強いられる。そして夫と兄の戦いを前に、お市も苦悩する。お市はいかなる運命をたどるのか。そしてなぜ長政は信長を裏切ったのか。信長の本格的な天下統一の第一歩となった姉川の戦い、勝利の瞬間を描く。

(2)徳川家康 三方原の大ばくち?敗れて学ぶ 覇者の哲学? 「1572年(元亀3年)12月22日/徳川家康、三方原の戦いで武田信玄に大敗北を喫す」 東海の小大名だった徳川家康は、無敵の騎馬軍団を擁する名将・甲斐の武田信玄と三方原台地で決戦を迎える。数で劣る家康軍であったが、家康は果敢に城を出て、戦いに挑む決心をする。ところが勇んで出陣した家康だが、信玄軍がまるで逃げるかのように家康の城から離れていく。恐る恐る後をつける家康軍。それは、百戦錬磨の信玄が仕掛けた巧妙な罠だった。家康は、なぜ敗れ、そして敗北から何を学び、後の天下統一にどう生かしたのか。我慢に我慢を重ね、天下をとった徳川家康、その生涯最大の敗北の瞬間と、敗北から学ぶ生き方を描く。

(3)本能寺の変?信長暗殺!闇に消えた真犯人? 「1582年(天正10年)6月2日/織田信長、本能寺で明智光秀に討たれる。」 信長の仕打ちに恨みを抱いた光秀が、突発的に起したと言われてきた本能寺の変。しかし近年になって、室町幕府の将軍や公家たちも関与した集団的なクーデターであった、との説が注目を集めている。最新の研究成果をもとに、日本の歴史を大きく変えた暗殺事件の背後に広がる闇に迫る。

(4)羽柴秀吉 なぞの敵前退却?賤ヶ岳合戦・勝利の秘策? 「1583年(天正11年)4月21日/羽柴秀吉、賤ヶ岳の合戦で柴田勝家に勝利する」 織田信長亡き後、天下の覇権を握り新しい時代を築こうとする羽柴秀吉。その前に立ちはだかる旧勢力の代表・柴田勝家。両者は近江賤ヶ岳で決戦を迎える。互いににらみ合う持久戦の中、秀吉は突然敵前で兵を引き陣内をもぬけの殻にするという不思議な行動をとる。それは秀吉が仕掛けた巧妙な罠であった。秀吉が新時代を築く第一歩となった賤ヶ岳の合戦の決定的瞬間を描く。

(5)伊達政宗、百万石への挑戦 「1620年(元和6年)3月4日/仙台藩、江戸に初めて米を出荷する」 東北随一の勢力を誇った戦国大名、独眼竜・伊達政宗。しかし政宗が天下を狙おうとした時には、すでに秀吉・家康によって、天下の趨勢は決まっていた。関ヶ原の合戦で、政宗は家康から「百万石のお墨付き」を約束されるが、やがて反故にされる。しかし、政宗は北上川の流れを変えるという壮大な方法で、国を豊かにしようと試みる。何度も百万石の野望を打ち砕かれながらも、あきらめずに新しい時代に適応することで夢をかなえた伊達政宗の生き方を描く“歴史が動くその時”に焦点をあて、人間のドラマの中にある「生きた歴史」を伝える。「戦国編」では五人の武将をクローズアップする。“歴史が動くその時”に焦点をあて、人間のドラマの中にある「生きた歴史」を伝える。「戦国編」では五人の武将をクローズアップする。

新品、税込価格 19,950円
販売 NHKエンタープライズ